東京 質屋の預かり期間

基本は3か月、利子を払えば延長も可

これが東京 質屋の現状

東京 質屋の預かり期間

東京質屋の預かり期間についてご説明したいと思います。

持ち込んだ品物を担保にお金を融資するシステムを「質預かり」と言いますが、預かりは品物の担保価値の範囲内で借りる金額を自由に設定することができます。

もしブランドバックが50万円の価値と査定されたとき、50万借りることもできれば、30万借りるというようにしてもよいのです。

担保価値枠内であれば、必要な金額分だけ、お金を借りることによって、利息も少なくてすみます。

東京質屋の質預かりの期限は3か月です。

この期間内に、元金と利息を支払えば、いつでも、品物を返してもらうことができます。

万が一、期間内に返金できなさそうであれば、期間を延ばすこともできます。

その際は、利息だけを期間内に返すようにしましょう。

一か月分の利息を入金されると1か月延長できます。

それでも期間内に支払ができない場合は、自動的に預けていた品物の所有権が質屋に移行します。

これを「質流れ」と言います。

質流れした場合は、品物は帰ってこないですが、返済義務はもうありありません。

このように最後の手段があるので、質屋もお金を借りる方も、安心して賃貸をすることができています。


Copyright (C) www.bakulife.net. All Rights Reserved.

これが東京 質屋の現状