東京 質屋の金利

年利109.5%、日当たり0.3%となっています。

これが東京 質屋の現状

東京 質屋の金利

東京質屋の金利について最後にご説明したいと思います。

買取ではなく、東京質屋に商品を預ける「質入れ」の場合は、基本的に貸付期間が短いですし、鑑定料、保管料も加味されていて、金利は高めとなっています。

質屋の金利は貸金業とは異なり、年利109.5%、一日あたり0.3%までです。

ちなみに貸金業は10万円未満の年利は20%です。

このように金利は高めに設定されていますが、もちろん質屋営業にも利息制限法が適用され、超過利息を行った場合は裁判になることもあります。

以上が質屋の金利の説明です。

質屋は質草の価値を判断してお金を貸します。

最長貸付期間は3か月で、利子分の金額を支払うことで期間が延長できます。

もし返済できない場合、質屋は預かっていた資千種を貰い受けるため、強迫的な取り立てなどの心配はありません。

もちろん、最初から商品を売って「買取」してもらい、その分のお金を受け取る場合、利子は発生いたしません。

それに最近はほとんどこのスタイルの利用の仕方になっているようです。

納得いく金額を出してくれるお店に出会うためには、色々なお店で査定してもらって金額を比較してもらう必要もあるでしょう。


Copyright (C) www.bakulife.net. All Rights Reserved.

これが東京 質屋の現状